スタッフ紹介

中本裕士
シェフ

宮崎県出身。調理師学校卒業後、修業を重ね、26歳でポジリポエナプレ高島屋のシェフに着任。その後イタリアに渡り、1年半修業。帰国後、地元の食材を吟味してる中で当店オーナーと再会し、このたびシェフに着任。

彼の手掛ける、本場のアルデンテのスパゲッティやリングイネは、1度食べたら2度3度・・・と、やみつきになります。南イタリアで主流のスパゲッティーは、通常より早めにパスタ鍋からフライパンへと移ります。そしてフライパンの中の食材とスパゲッティーを3~4分ほどかけて丁寧に乳化していきます。アルデンテは、そのタイミングが命、歯ごたえはあるのにもっちりとしている・・・。素材そのものの味と、塩、オリーブオイル、ただそれだけのシンプルなスパゲッティー。シェフの集中力の賜物といえるアルデンテのスパゲッティーをぜひご賞味ください。

パスタ以外の料理に関しましては、故郷宮崎県の旬の食材などをつかいまして、素材本来の味を1番に考えている料理です。手を加えすぎない、飽きのこない毎日食べたいイタリア料理をめざしています。